« 台風に備えて… | メイン | まずは彼氏…ほしいなっ »

公務員になった友人

僕の友人は医師の家系で、お祖父さんの代から全員医師らしい。友人も周囲の期待通り医大を出て医師になった。
先日、その友人と久々に会って酒を飲んだのだが、最近病院を移ったという。医師でも転職活動ってするんだなと少し驚いた。医師が病院を変わる時って引き抜きとかそういうものだと思っていた。
さらに僕が驚いたのは、友人がこんな感じのことを言ったからだ。
「俺にも神の手があれば違う道が開けたかもしれないけどね。俺は普通の医師だし。そりゃ使命感は持ってるつもりだけどね。
でも結婚して家族も増えたし、安定も大事だと考えて公務員になったよ」
医師でも公務員っていうのがあるのか。というかこいつ公務員なのか。僕と同じじゃないか。そう考えたらちょっと親近感がわいた。いや結局医師だから僕とは立場が全く違うのだが。
国公立病院や市立病院などに勤める医師は「公務員」になるんだそうだ。民間病院と比較すると年収の低さを懸念する人もいるが、福利厚生の充実などの安定さから公務員医師を選ぶ人も増えているらしい。ちょっと興味がわいて調べてみたら公務員医師を特集しているサイトもあった。需要があるんだな。
公務員だから転勤があるらしいが、医局にいるより気が楽だという。奥さんも転勤は苦でなく、むしろ楽しみにしてるらしい。
友人は元々離島医療や僻地医療にも興味をもっていたから、こういう方が合っているのかもしれないな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noooo.net/mt3/mt-tb.cgi/28

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2014年08月20日 15:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「台風に備えて…」です。

次の投稿は「まずは彼氏…ほしいなっ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38