« 映画から歴史を知る | メイン | 皮がむけてる »

文盲

映画で、昔は字が読めない、書けない人がいるのは知っていました。
でも現代においてはいないだろうと勝手に思っていましたが、どうやらいるらしいのです。
学校にいっていれば覚えますけど、なんらかの理由で学校に行けない子は字も覚えられないのですね。
親が教えるにも追いつかないのでしょう。

そこまで難しい漢字を覚えなくても、大概の場合は生活や仕事に支障はありませんし、
書くことができないとしても筆記作業がほぼパソコンとなっている今は、
「変換」という便利な技が助けてくれます。

IT化が進むにつれ、そして人工知能がより賢くなるにつれて、
言語の価値といいますか重要性が減ってきているような印象を受けますよね、
なんか悲しい感じも受けます。。。

さてまったくの文盲ですが、世界にはたくさんいます、
でも日本はいったいどうなんだろう?
おそらく限りなくゼロに近いのだと想像しますが、
漢字が読めない、書けないなどの、それに近い人はいるらしいのです。

それが貧困と関係してるとかしてないとかの議論もあるみたいですが、
そこの議論よりも、そんな人がいたら出来るようにしてあげる社会が必要なんじゃないかなって思いました。

うーん、なんか真面目に書いちゃったな今日は。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noooo.net/mt3/mt-tb.cgi/45

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年08月01日 00:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「映画から歴史を知る」です。

次の投稿は「皮がむけてる」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38